仙台 文化横丁にて

酒が呑みたいわけじゃありません、この店、この横丁の空気感がたまらなく心地いいもんだから、たびたび足を運んできたんです。

源氏は静かな店なんです、大人の店とでもいうんでしょうか。おいらが横浜で仕事帰りに立ち寄る店とは空気がまったく違います、お下品なやからは見たことがございません。トイレに入って鏡のむこうにおりました、お下品なやからが…「おっとおいらの顔じゃねいかい」 ※トイレに入ったことはありませんので、鏡があるかないかは定かではありませんが…

いかにも古そうな熱燗製造機?、製造機という言い方は感心しませんが、なんて言っていいものやら… 上から常温のお酒を入れると下の蛇口から燗酒が出てくる仕組みです。ここ源氏で初めて見ました。

一杯目は黒ビールから始めて、あては菜の花のおひたし…からしがきいてます。

二杯目は熱燗、あてはとうふでした。今夜もまた女将の立ち居振る舞いは無駄がなく綺麗でした。客からの注文を一人で受けて厨房へ指示を出します、酒は常温だ熱燗だ濁りだと、ビールは生だの黒だの… 合間合間にお愛想の計算から 新たな客のお席の準備まで。女将は厨房を背にコの字のカウンターに座る客に対峙しております。「茶髪や金髪のアルバイト女子でもカウンターの中に入れれば楽ができるものをよ~ 冗談です。今のうちに女将の立ち居振る舞いを若い娘に引き継いでおかなければ、文化横丁から源氏の灯が消えて、平氏に代替わりしてしまうんじゃないかと心配なんです。「群馬先輩そろそろ時間です、お次はどちらにいたしましょうか

源氏でたまたま隣り合わせた地元の青年と意気投合して…「親爺さん達は何処からおこしで」…「横浜から」…「わざわざ遠いところから、どうも」…「ところで、仙台でおすすめの店を紹介などしてはもらえんでしょうか?」…「う~ん… 焼き鳥だったら、きむらさん、ぎょうざなら〇〇、僕の好きなのは五橋にある酒場おうかんでしょうか、酒場放浪記の吉田類さんが仕事を抜きに3回も訪れている店なんです」… 「ここから歩いてどれくらいですか?」「調べてみます」…青年はスマホで調べてくれました。「南へ650mですね」…「2分くらいか~ 横須賀 ! 」

やれやれ、やっと酒場王冠にたどり着いて… ビールで乾杯して。「これから一億も二億も使うわけじゃないんだろう?、後何年生きるんだい、あと三年働いたところで、稼げる額なんかたかが知れてるだろうが」…「おいらが使う金じゃねいやい、いいか~、今仕事を辞めて放浪の旅に出たとする、夏の北海道に、冬は鹿児島、桜島よ~、仕事のストレスは無し、やりたい放題し放題貯えを食いつぶしながらの自由奔放な放浪の旅おいらは満足な人生でしたとコロッと逝くとする」「後に残った家族のことを考えると… 男のつらいところよ~ 白熱した老後の生き方などの話を肴にして、五橋の夜は更けてゆきました。

やきとりでも食べようじゃないかと… 再び文化横丁に戻って。

昭和の佇まいを残すやきとり きむらの二階で

婆~ちゃんが焼いてくれた焼き鳥をつまんで、老後の生活の話の続きなどをを… 「要は一個人がだな~、自分勝手に金を使ってしまったり必要以上に貯えるということが問題で… そのあおりをくらうのはいつも弱いものなんだな~…」一通り議論を交わして、「群馬先輩、この店の西側の通りがおそらく国分町だから、覗いてみましょうか

やきとり きむらを出て左へ歩いて大通りを右に曲がると彼方にネオン輝く一角が、そこが国分町でした…

「横須賀~、こりゃだめだい… 戻ろう文化横丁へ」… 「品行方正なおいら達には似合いませんね~

小腹が減ったもんで、ラーメンを食べて

昭和を感じさせる懐かしいラーメンでした。its good!

再び 文化横丁に戻って初めてのスナック体験です。路地裏の小さな スナックへ … 昭和の臭いのする店でした。ママも昭和のおばちゃんそのままです…平成も令和も関係ないような。「カラオケ歌い放題でお一人3000円」「店の名前のエルザというのはね、昔見た映画のライオンの名前から使わせてもらって」…

知っております野生のエルザ、小学校低学年の頃だったか学校の体育館で体育座りをさせられて観たおぼえがあります、綺麗な映画音楽が今も耳にのこっております…そんなこんなで人生最後になるであろう仙台の夜は更けてゆきました。

毎日のブログ更新はきついものがあります… 「おっとエネルギーが、ヤバいです… 下の60代オヤジや車中泊の旅のバナーのクリックをお願いいたします」 バナーをクリックしていただけることがブログ投稿パワーの源になるんです…ペコリ

コメント

  1. スナフキン より:

    的外れだったらごめんなさい。・・・ あわれと思って、速攻で削除願います。
    昨年11月のブログ「辞めようかな、働こうかな」以来、ずっと胸に去来した思い。・・・・
    いよいよ区切りの日が近づいてきても、なお揺れ動く心。

    冷たいようですが、他人がさじぇすしょんできることではありません。

    決めるのは、あなたです。・・あなたです。・・・あなたです。・・・・あなただけです。

    お~~~と! 今宵の酒がまわってきました。(安酒なのでまわるのだけは早い)
    今日はこの辺で。 ばたん ぐ~ぐ~ぐ~。