スポンサーリンク

車中泊登山(いきなり急な会津駒)

いきなり急な登り坂なんて勘弁してください…

ヴォクシーを停めて

会津駒ヶ岳登山 臨時駐車場で目覚めたおいらは (4:00AM) 、ただちに朝飯の焼きトウモロコシを食べて洗顔をして登山口近くの駐車スペースへヴォクシーを移動しました。登山口に最も近い駐車スペースはすでに満車で、沢音のきこえる堰堤近くの駐車スペースへ…

リチウムイオンのバッテリー

朝起きると必ず確認しています、リチウムイオンのバッテリーの電池残量..? OK!…5個全部点灯です。大自工業㈱の120Wのインバーターをシガーソケットに接続して、そいつを介してリチウムイオンのバッテリーに充電しています。あとは使いたい電気器具をバッテリーにつなぐだけです。今回はエンゲルの冷蔵庫とスマホの充電をしました。一晩たってもバッテリー残量が減る気配がありませんでした…それでは登山に出かけます。

会津駒は左です

ヴォクシーに別れを告げて しばらく歩くと↑この看板が… 左へ行けば会津駒ヶ岳です。

まずは急階段から…

舗装道路を歩いて行くと左手に最奥の大きな駐車スペースがあって、その先は車両通行止めのバリケード、このまま舗装道路が続けばいいんですが…ちょいと歩けばこの階段です、登山届はここで投函して。堪忍してくだせ~… こんなはずじゃ~。この階段を登ったら最後 地獄の急登が… おいらは年寄ですもんで次はありません..もう結構です。

やっと平らに

あえぎにあえいで 青江三奈… 伊勢佐木町ブルースのはいりのように、あえいで..あえいで…やっと空が見えてきました、これで急登も終わりでしょう…

↑あっちが駒?

しばらく歩くと視界が開けて…

ハイジがでてきそう…

ずいぶん楽になりました…急登で50,60人は抜いたでしょうか。先に見えるのが山小屋でしょう ハイジとヨーゼフが今にも出て来そうです。山小屋のそばに池があって… 色っぽい姉様がカメラ片手に おいらに向かって「早いわね~」だって… 心の中から 「ばかにすんね~ おいらの若い頃は…はんぱなく早かったんで~」「歳とったら遅くなって」…失礼しました。

こんなんです1

とにかく景色が良くって… ↑写真の山は燧ケ岳(ヒウチガタケ)だと思います。

こんなんです2

こちらは水墨画みたいで… 癒されますぜ~

いよいよ登頂間近

振り返れば… 姉様がいた小屋が彼方へ。

ラストスパート

こいつを右に曲がれば駒ヶ岳山頂です…

ゴ~ル…

一気に登れば山頂でした… 眺望も今一で、小屋から先の稜線で見る景色の方が良かったです。

降りはのんびりと…

降りはのんびり行きます…

馬小屋…?

小屋を覗いてみましたが… 朝の掃除中でした。急登もききましたが… 急降りもききました。

無事に…

やっとこ階段にたどり着きました… 次はありません。もう結構です…それくらい疲れました。

ヴォクシーただいま~

「おまっと~ ヴォクシー」 5:30にスタートして9:40に戻ってきました 早いです… 行きかう登山者に速い速いと言われてしまい… 恥ずかしかったです。

お昼寝中

開店早々の日帰り温泉(650円)に浸かり、フロントの姉様がまたまた「早いわね~」だって… 「一番風呂ですよ~」だって… 朝早かったんで2時間ほど木陰で昼寝をしました…窓を開けて。

目が覚めたなら…

とにかく虻が多くって… ヴォクシーにまとわりついてきます。昼寝から目覚めたら大きな虻がフロントガラスに… 正解でした㈱アイズのウインドーバグネット(網戸)、こいつがなけりゃ木陰の昼寝なんてとうてい出来やしませんでした… 持ってて良かった~。

目指せ只見へ

回復したぜと… さ~戻りましょう東北のとある町へ。

道の駅 奥会津 かねやま
ソースかつ丼セット(1000円)

道の駅 奥会津かねやまで昼飯を食べて…

さあ帰りましょう…

前方に磐梯山が… ずっと向こうが東北のとある町です。

左に会津磐梯山

明日は月曜日…お仕事です。 左に磐梯山を見て…19時前には戻れるでしょう東北のとある町のおいらの部屋へ。

下の60代オヤジか車中泊の旅のバナーのクリックをお願いいたします… こんな親爺がいるんだと あきれましたらポチリとクリック …

コメント