スポンサーリンク

車中泊登山(初心者コースで月山登頂)

そぼ降る雨の車中泊… 八合目の駐車場に着いた時(19時頃)の強めの雨も小降りになり 独り寂しく食事をとって眠りにつきました。朝起きて雨がのこっているようならば登山はやめにして温泉にでも浸かって早々に帰ればいいと思っておりました。

車中泊の朝

外が騒がしくて目を覚ましました。しばらくベッドでうだうだしているとラジオから4時の時報が聞こえてきました。窓の外を見まわすと昨夜は無かった車が停まっておりました。

なにやら騒がしい…

白装束の御一行様が観光バスを囲んでおります… 騒がしいです。「天気は良くなるにちげ~ねぜ… 」と 現役時代に三浦の釣り漁師気取りでいたもんで、天気予報は得意なもんで… 「雲は薄いし、そのうち晴間もでるにちげ~ねぜ」と昨日しこんでおいた握り飯とサンドウィッチの朝飯を食べて。

今回はザックで行きます

ブログに使える写真を求めて… 月山八合目の石柱の下にマイザックを置いてパチリと一枚撮りました。

準備完了

洗顔と歯磨きとお腹を軽くするためにトイレに籠って… 綺麗なトイレでした。小銭も重たかったんで100円玉1枚と10円玉5~6枚と1円玉も 7~8枚 を募金箱に入れて、ついでに気合いも入れてトイレを後にしました。

はじめてなもんで…フムフム

地図も月山の情報も皆無なので…コースを頭にたたきこんで、フムフム 納得。

木道を歩き

レストハウスの前を通って、木道をしばし歩いて。

湿原

湿原の向こうに見えるあの山は… おそらく蔵王か何かでしょうと。

山頂まで2時間30分

月山山頂まで2時間30分… 往復で5時間? 歩けるでしょうか…

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲが… 身体が今一動きません。

蔵王かと思いました

この写真↑を取った頃には途中で引き返すことをマジで考えていました。そしてこの山を蔵王だと思っていました。

残雪の上を

登山ルートに残雪が現われた頃からだんだんと身体が動くようになってきて… 「おいらもまだまだ捨てたもんじゃね~ぜ」とピッチがあがりだしました。

9合目(佛生池小屋)ブッショウイケゴヤ

佛生池小屋が見え出した頃には絶好調になり、よせばいいのに前方を行くお年寄3人組を追い越しざまに 「あれは蔵王ですか?」って聞いたら… 先頭を歩いていた婆さまに「あれは鳥海山ですよ~」と笑われてしまいました。

こちらが蔵王か…

今思いますれば… 鳥海山の反対側に見えた↑雲海から頭を出しているこちらの山々のどれかが蔵王だったのではないかと思います。

月山登頂

そんなこんなで月山の山頂へ、 三角点がありました。ただ…写真の奥のほうが高いようで…

三角点より日本海側を望む

三角点にカメラを近づけて日本海岸をパチリと1枚…。

月山神社本宮

月山神社本宮に入っていったんですが… 。おはらいを受けて… 撮影は禁止… 500円!と書いてあったんで先へは行きませんでした。その先がどうも三角点よりも高い所だったんだと思います。

7時09分

まんぞくしたんで さあ戻りましょうかとスマホで時間を確認しました…7時09分でした。

ニッコウキスゲと鳥海山

下りも快調だったんですが、登ってくる人達とすれちがうのに難渋して… また登山路は石が敷き詰められていて昨夜の雨で濡れていて、すべること甚だしく..何度かバランスを崩して転びそうになりました。渓流でイワナ釣りをしているような感じでした。

またせたヴォクシー

「ヴォクシーお待たせ」と戻ってみたならば駐車場はいっぱいで、ガードマンが自動車の誘導をしておりました。

9時02分

9時02分です… 本日の運動不足の解消はこれにて完了。あとは焼酎をあおるだけじゃなくって、温泉に浸かって帰りたいと思います。なんだか得をした気分です…。 土曜日の午前中に部屋の片づけと洗濯を済ませる→午後は移動時間とする→目的地の駐車場で車中泊をする(エンゲル冷蔵庫にはキンキンに冷えた酎ハイやビールが)→ 早朝に登山 → 温泉に浸かり部屋に戻る… 。

決まりましたぜ このパターン… 夏は暑いんで標高の高い所(登山か渓流釣り)、涼しくなったら(タマモ)自転車でポタリング… これから楽しめそうです。

※追申↓下の60代オヤジか車中泊の旅のバナーのクリックをお願いいたします… ブログ一途に頑張ります。

コメント