スポンサーリンク

夕焼け小焼けの富士の山

定年退職
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テニス帰りにキャベツ畑の中をヴォクシーで走っていると大層綺麗な夕景の中に富士山が見えたんで予定を変更、チョッパで家に帰ってパチリとやった写真です↓。スーパーで酒とマグロでも買って帰って一杯やろうかと思っていたんですが…夕焼けに負けました。

夕景富士

おいらの住んでいる三浦半島も西海岸からは綺麗な富士山が見えるんです、相模湾の向こうに。 冬場の雪を被った富士山も綺麗ですが 今時期の夕方の富士山も綺麗です。夕景は多少の雲があったほうが綺麗です、沈んだ太陽の光が雲に反射して赤い色に微妙な変化をもたらします。撮影位置を何度も変えて撮ったんですが、いいのがなくて2枚だけアップしたしだいです。下の写真に写っている舟が若かりし頃に釣り漁師の真似事をしている時に乗っていた舟です…いい舟でした。

駐車場でヴォクシーをいじくりまわしているとご近所さんから結構声がかかります… 「お~帰って来たんだ~、どうよ、行ってる~?」な~んて、これは渓流釣りが大好きな看護師さん60才の親爺です。「新潟で熊見ちゃってお~、10メータそこらの間近でお~」だったり。自転車で通りすがりに「退職したの~?、仕事… 65まで辞めちゃだめだよ金入ってこないときついよ… 」 田舎のインテリ原さん(67才)年金暮らしだったり。

いい舟でした…

リチウムイオンのバッテリーとエンゲルの冷蔵庫の配置を考えていると、脇をトヨタのアクアがスーッと通りかかり 運転席のウインドウが開きました… 「帰ってたんだ~、いつまでいるの? はやく戻ってきなよ~」いすず先輩でした。今年の3月で65才を迎えて年金生活に突入して現在釣りと昼寝に明け暮れているそうです…「リタイア最高だぞ~」 上の舟の現在のオーナーです。おいらが38才でいすず先輩が42才だったかと思います、三浦に引っ越してきたばかりの二人は釣りがしたくって..自分の舟が欲しくって。そんなこんなで共同で買った舟です… 50歳の頃にテニスに夢中になったおいらは いすず先輩にお願いして釣り漁師の真似事をきっぱり辞めて舟を先輩におまかせしたんです。舟デビュ~した当時はこの海岸にも釣り舟が5,6ぱいは浮かんでおりました、おいら達よりずっと年上の先輩たちが競って魚を捕っておりました。それらの舟もいまや陸に揚げられて、先輩達もいまやこの世にはおりません。かれこれ20数年前の話になります。アクアの助手席から声がかかりました 「横須賀さん元気~」 先輩の奥さんです…「会社辞めちゃだめよ~ この人だって何度も途中で仕事辞めるっていうもんだから、そのつどさとして… そしたら62才からは速かったわよね~パパ…今なんかエアコンの効いた部屋でまったりしているのよ~何もしないで…」だそうです。奥さんもババ~になったもんです。おいらの周りの誰もかれもがジジイとババアになってしまいました。おいらの若いころの先輩達は既にあの世に旅立たれ… 「時の流れに身を任せていたらいつのまにやらこんなんなっておりました」と いう感じです。

下の60代オヤジか車中泊の旅のバナーのクリックをお願いいたします… こんな親爺がいるんだと あきれましたらポチリとクリック …

コメント